チークブラシってどう選んだらいい?

メイク

レッスンでよく聞かれる質問の1つ、チークブラシの選び方。お値段もピンキリだし、形や大きさも違うから、何を基準に選んだらいいかわからないですよね。実は、チークブラシは用途に分かれて形や大きさが違います。この記事を読めばどんなチークブラシを選べばいいのかがまるっとわかりますよ。

動画で見たい方はこちら▼

チークブラシってどう選んだらいい?

丸形タイプ

よく見かけるブラシの形状です。先端が丸くなっている丸形タイプ。

大きさがいろいろありますが、にこっと笑ったときに盛り上がる部分を覆えるくらいの大きさが目安です。大きすぎるとチークが幅広く入ってしまって顔が大きく見えてバランスが悪くなります。

逆に、小さすぎると左右のバランスが悪くなることも。わたしは美容部員の新人時代、チークが左右対称で入らずすごく困ったことがありました。当時使っていたチークブラシがわたしにとって小さすぎたようでで、入れたい範囲にいれるためにブラシをたくさん動かすほど左右で濃さや入り方(片方は丸く、片方は直線的)に差ができてしまっていました。

こういった失敗をしないためにも、手にとって選べるときは、ブラシを頬にあててみてください。

細長いタイプ(ハイライト&チークブラシ)

このタイプは、主にハイライトを入れるのに重宝します。TゾーンやCゾーン、口周りや目の下の頬の部分など、細くいれたいときに使いやすいです。

チークブラシとして使う場合は、先端にとって入れたい範囲に動かします。お顔が小さい方は、チークを入れる範囲が狭いのでこのタイプが使いやすいです。

カッティングタイプ(シェーディング&チークブラシ)

このタイプは、斜めにカットされているので、シェーディングをフェースラインにいれるときに便利です。

チークブラシとして使うときは、長い方が上、短い方を下にして先端をあてて使います。直線的にしゅっとしたチークを入れたいとき、斜め上めにチークを入れたいときに便利です。

何を基準に選べばいい?

ブラシのお値段はピンキリです。それこそ、100円均一に売っているものからブラシ専門店の数万円クラスのものまで、価格はさまざま。ドラッグストアや化粧品メーカーが出しているのを考慮するとあり過ぎて選ぶのに疲れてしまいますよね。

チークブラシはデパートブランドのものでも3000~5000円くらいが主流です。このくらいの価格帯は、人工毛のものが多いです。最近は、人工毛のものでも付きがキレイなものが増えています。あえて天然毛から人工毛に切り替えているブランドも増えてきました。

初めてチークブラシを購入するなら、この価格帯が選びやすいと思います。

8000円~数万円以上ブラシは、天然毛で持ち手の部分もいい素材を使っているので持ちやすさや見た目の高級感もあります。高級ブラシのよさは、なんといっても毛量に厚みがあること。ブラシの中にチークが入り、それを軽く肌にのせるだけでふわっとしたチークになります。よりテクニックフリーでチークを入れたい方は、お値段は張りますが高級ブラシがおすすめです。

まとめ

3タイプのチークブラシをご紹介しました。いろいろありますが、メイクが苦手な方でも使いやすいのは、丸形タイプです。3.5cm~5cmくらいの大きさの中からお顔のサイズあったものを選ばれるといいと思います。選び方・使い方をもっと詳しく知りたい方は、動画のほうがわかりやすいので、ご参考くださいね。

わたしの愛用しているウエダ美粧堂さんのブラシはこちらです▼

https://www.cosme-bisyodo.com/product/bisyodo_l/b_p_02.html

チークブラシってどう選んだらいい?

コメント

タイトルとURLをコピーしました