メイク講師の究極のクマケア

ライフスタイル

メイクレッスンをしていると「クマカバーできるコンシーラーが欲しいです!」「どうやったらクマが目立たなくなりますか?という質問をよくいただきます。

クマが居座ると顔の印象が変わってしまって嫌ですよね!

わたしも美容部員時代は時間帯に合わせて2つのコンシーラーを駆使していました!

ですが…本当はクマがなくなって欲しかったんです。

どうしたらクマがなくなるかアイクリームをつかったりマッサージをしたりしましたが

大きな改善は見られず…結局1番効果があったのは【早く寝ること】でした。普通!!

気づいたきっかけは2人の出産・育児でした。

睡眠が1番のクマケア

第1子は、夜寝なくて超寝不足で、クマどころか全部がひどかったんですが、第2子は生まれたときから夜よく寝る子で(19時に自動で入眠)1才過ぎた今も9時過ぎに1人で寝てくれます。

子どもと一緒の生活をして20~21時くらいに寝るようになったら、クマはなくなり、肌はツヤツヤ、痩せる痩せる!笑

今は、22時前に眠くなる体に変わってしまいました^^

年齢的にまぶたのくすみや目の下の暗さはあるのでコンシーラーは使いますが忘れてもお疲れ顔に見えません。

image

↑コンシーラー忘れた日

22時に寝て得られる美容効果を絶対手放したくなかったので

わたしはやらないことリストをつくりました。

早く寝るために「やらないことリスト」をつくる

□お風呂掃除(夫担当)

□時間をかけた食事づくり(オーブン、ホットクック活用)

□毎日の買い物(週末にまとめ買い)

□掃除機をかける(お掃除ロボ)

□食器を洗う(食洗機)

□洗濯物を干す・畳む量を減らす(乾燥機)

□1汁3菜(1汁1菜)

などなど。

すると、早く寝られるだけでなくイライラする時間もぐっと減りました!

「わたしって家事嫌いだったのね~」という気づきもありましたよ。なぜか『家事はちゃんとしていといけない』と思い込んでいました。

そういえば夫って『嫌いなこと、苦手はことは極力やらない』スタンスで生きているのでイライラしたり、後悔したり愚痴ったりすることがないんですよね。(というわけで、わたしの嫌いな家事で夫が嫌いじゃない家事は丸投げでーす)

今はミニマリストさんや片付けの本を読んでもっと人生からいらないことを削ぎ落としてやりたいことだけに集中できるようにしています。

結論:クマができるくらい嫌なことを頑張らない!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました