【もう悩まない】目の下の小じわにファンデーションが入らないアイテム選び

メイク

乾燥シーズンに入りましたね!メイクレッスンで毎月のように「目の下の小じわにファンデーションが入ってしまいます」「小じわにファンデーションが落ちちゃうのをなんとかしたいです!」というお悩みをお聞きします。

時期的に乾燥しやすいこともありますが、マスクで目元が見られやすい分、目まわりのメイクはキレイにしておきたいですよね。

アイテム選びや使ってるアイテムの相性によって細かいシワにに入り込みやすいことがあるのでここを解説したいなと思います!

アイテムの見直しはこの順番でしてみてください。

フェースパウダー

フェースパウダーは、ファンデーションの後にメイク持ちをよくするため、メイク崩れを防ぐ目的で使います。このフェースパウダー、プチプラのものを使っていませんか?

プチプラコスメには良質コスメが多数ありますが、30才を超えた大人のベースメイクとして使うには少し考えたいところ。

10~20代の頃の肌は、きめ細かくうるおいがあり、夜ふかしや無理をしても若さでカバーできていました。一方、30代のお肌は、お疲れを反映しやすく、乾燥しやすい肌へとシフトしていきます。今まで使えていたのに、合わなくなることもあります。

フェイスパウダーをつけてから、メイクが終わるまでに目元の小じわ落ちが気になる方は、一度見直してみましょう!

オススメは、デパートコスメのフェースパウダー。手にのせたときに、さっと溶け込む細かい粒子のもの。なじませた後に、しっとりするものだとなおいいです!

ベースメイク各種

ここでのベースメイクとは、下地クリーム、BB、CC、ファンデーション、コンシーラーを言います。

小じわ落ちしないか一つひとつ確認していきましょう。

確認方法は、お休みの日に、下地クリームをつけて様子をみる。小じわ落ちがなければ次のお休みに下地クリーム+ファンデーションで様子をみる。次は下地クリーム+ファンデーション+コンシーラーで様子をみる…という風に、小じわ落ちアイテムがないか検証していきます。

もし、「このアイテムを使ったときに、小じわが気になったかも…」ということがわかれば、そのアイテムをグレードアップしてみましょう!

日焼け止め入り乳液

時間がないときのお助けアイテム、日焼け止め乳液!化粧水の後これ1つで「乳液・日焼け止め・下地」が入っているので便利ですよね。

ただ、気をつけてほしいのは、日焼け止め・下地成分が入っている分、保湿効果は少し落ちるということ。また、日焼け止め成分の粉末がはいっているので、この粉末の粒子が細かくないと小じわ落ちしやすいということも考えられます。

乾燥シーズンは、保湿効果がより高い「日焼け止め入り乳液」にグレードアップするか、乳液やクリームで素肌をしっかり保湿してから下地、ファンデーションをつけていくか…他の選択肢も考えてみてください。

まとめ

ファンデーションの小じわ落ちを防ぐアイテム選びについて解説しましたが、いかがでしょうか?

1つずつアイテムを見直して、うるおいのある目元メイクを楽しみましょう!

お客さまからお問い合わせが多いので、わたしの愛用品をこちらにまとめています。ご参考ください。

画像の説明

コメント

タイトルとURLをコピーしました