30才過ぎてからメイクがしっくりこない…

メイク

メイクレッスンに来る30代の子育てママ世代のお客さまから

「今までのメイクが顔に合わない、しっくりしない」

「隠したい部分が増えたけれど、やり方がわからず粗が目立つ気がする」

「20代の頃にしていたメイクをそのまましてるからか、顔が古いと感じてしまう」

「自分がしたいメイクと似合うメイクがわからず迷走しています。正解がわからない!」

という声をよく聞くようになりました

30代はメイクの流行と自分の変化をブラッシュアップするメイクが必要になってきます

しっくりくるメイクはどうつくっていけばいいのかについて解説します!

メイクがしっくりしない原因

学生時代のメイクのままでしっくりしない

多くの女性がメイクにふれるのは学生時代(高校生~大学生)です

雑誌や本を見ながら試行錯誤したり、メイク上手な友人に教えてもらったりするのがメイクの

ファーストステップだと思います

キレイになるのが楽しくてメイクに夢中になるのもこの頃です

社会人になると、会社用のメイクが生活の大半になるので、プライベート用のメイクは学生時代のまま

過ごすようになります

しかし、30代になると、学生時代は10年前…メイクの流行が変わっていますが

10年続けたメイクは「自分の定番の顔」になっているので、変えるのが難しくなります

【まつげふさふさ】【目は大きくぱっちり】なメイクは、30代には人工的な印象さえ与えます

古いメイクアイテムでしっくりしない

同じアイテム、似たカラーをずっとリピートしていませんか?

30代になると、肌のトーンが変わってくるので、10代・20代の頃に似合っていた色が

似合わなくなることが多々あります

どうしても、20代の頃に比べると、血色感や透明感に変化がでてくるので

今まで似合っていたカラーが似合わない場合があります

顔の変化でしっくりしない

30代になると、重力に逆らえず、いろいろなパーツが下がってきたり

色が変わったり、位置が変わったりと様々な変化がでてきます

そのため、10代・20代の頃のままのメイクだと「下がって、暗い印象」になってしまいます

「パーツが上がって見えるメイク」「肌を明るくするメイク」「位置を変えるメイク」

といった技術が必要になってきます

ナチュラルで素敵に見える30代メイク

旬のアイテムを揃える

今のメイクの主流は素肌のようなベースメイク、明るいカラーを使ったメイクです

自分で選べない場合は、デパートのコスメカウンターやアドバイザーのいるコスメ売り場に行って

流行のものでそろえてもらうのがベストです

年齢に合ったメイクテクニックを学ぶ

30代になってくると、顔全体やパーツが下がってきたり、目の下や口周りに影ができたり

頬骨が目立ったり、ほうれい線がでてきたりと、形に変化が現れます

この変化をなかったように見せるテクニックを習得しましょう

ちょっとしたテクニックですが、このメイクができると洋服もよく似合うようになります!

まとめ

メイクがしっくりしない原因と対策をまとめてみましたがいかがでしょうか?

メイクは毎年、少しずつ流行が変化しています

常に最新を追わなくても大丈夫ですが、3~5年ごとにメイクアイテムや

メイクの仕方の見直しは必要です

ぜひ、できるところから取り組んでみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました