メイクレッスンでオススメしているアイテムリスト【アイブロウ編】

メイクレッスン

アイブロウは一番消費するメイクアイテムです。ですが、なんとなく同じのをずっとリピートをしている方が多いアイテムの1つでもあります。自分に合っているものを何を基準に選んだらいいかわからない方に向けて選び方も解説していきます。

眉がない人向け

今の30代以降は、学生時代に細眉が流行った世代なので、眉を抜いて生えてこなくなってしまった…という方も少なくありません。

太眉~自眉を活かした眉が流行りの今、眉を描くのに困っている、抜かなければよかった!とレッスンで仰る方もいます。

眉がない方は、肌に色がすんなりのってかきやすいペンシルがオススメです。エクセルのパウダー&ペンシルは、芯が柔らかくて折れにくいのが特徴。楕円芯なので、細い線も太い線も自在にかけます。

眉をぼかすスクリューブラシもついていて、パウダーで色をのせたあとにふんわりした眉にすることができます。

眉のないレッスン生の使用率が高いアイテムの1つです。

眉のほとんどをアイブロウで描いていると、自眉との差が気になります。眉マスカラは、地肌につきにくい設計のブラシでできたものを持っておくと、ストレスなくメイクができます。

眉が生えている人向け

眉がある方は、かきすぎると濃すぎたり、強い印象の眉になりやすいです。そのため、パウダーや細いペンシルで眉のないところだけを埋めるような描き方になります。

大切なのは、アイブロウパウダー全部を使うことではなく、自分の見せたい印象にあったパウダーを使うこと。パウダーなのに眉が濃くなってしまう方は、全色きちんと使わないといけないと思っているようです。しっかり眉がある方は、1番濃いパウダーは使わなくてもいい場合が多いですよ。

パウダーで中を埋めた後、形の細かい微調整に役立つのは細いアイブロウペンシルです。ほとんどの方が眉山の位置の調整や眉頭を左右対称にするのに、アイブロウペンシルを使います。1つ持っておくと理想の眉を描けるようになりますよ!

まとめ

プチプラでもいいものがたくさんあるのがアイブロウアイテムのいいところ。メイクレッスンでは、基本的にお持ちのアイブロウアイテムをそのまま使います。

アイブロウ難民の方、今お使いのものよりもっと使いやすいものお探しの方の参考になれば嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました