赤リップメイクが似合うようになる簡単テクニック3選

メイク

メイクレッスンでも人気の赤リップメイク。けれど、「唇だけ浮いてしまう」「ケバい印象になってしまう」「アイメイクのさじ加減がわからない」「全体的に濃くなりがち」というお悩みもお聞きします。

どうすれば、メイクが苦手でも赤リップメイクができるようになるのか?簡単なテクニックを3つご紹介します。

リップは指でトントン塗り

赤リップを中指にとり、唇中央から左右に塗る広げていきます。中央が一番濃く、口角が薄くなるようにグラデーションにすると、唇だけが浮かないリップメイクができます。

アイメイクは輪郭をはっきりさせる

唇が主役のメイクなので、アイメイクは控えめにします。ベージュや明るいブラウンのグラデーションで目元を明るくしたら、アイラインとボリュームマスカラで目の輪郭がはっきりするようにしましょう。

チークでカラーバランスを整える

最後に、チークでカラーバランスを整えます。アイメイク(薄い)~チーク(中)~リップ(濃い)というバランスになるようにチークを足します。

まとめ

失敗が怖い方は、プチプラの赤リップから慣れていきましょう!

赤リップ初めてさんは、このぐらいの赤さ加減からのスタートがオススメです。

今回使用したアイテム▶ヴィセ リシェ リップ&チーククリームN RD-1


コメント

タイトルとURLをコピーしました